忍者ブログ

毎週おすすめの商品・グッズを、その商品等に関連した興味深い記事とともにご案内しています。
COPYRIGHT©No Name Ninja ALL RIGHTS RESERVED

DATE:12.14.09:14
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/14/09:14

DATE:04.27.17:50
目の下のクマ専門アイクリーム「PCリペア アンダーアイプランプ」

PCリペア アンダーアイプランプ疲れ顔、やつれ顔で老けた印象に悩む声から開発
~シアン、ロングヒット「PCリペア」シリーズ初の社員提案による新商品~

 株式会社ネットプライスドットコム(東証マザーズ:3328)のグループ企業で、美容・コスメ商品の企画・開発・販売を行う、株式会社シアン(本社:東京都渋谷区)は、クマによる疲れた印象や老けた印象に悩むという声から企画した、クマ専門オリジナルアイクリーム「PCリペアアンダーアイランプ」を発売しました。

【商品開発の背景】
 睡眠不足やハードな仕事げっそりと目の下にできてしまったクマ。青く垂れ下がったクマのせいで老けてみられて悩んでいるという声により、「PCリペア アンダーアイランプ」を開発するきっかけとなりました。いきいきとした肌を導く「PCリペアシリーズ」にアイクリームがあればいいのに・・・という提案で、従来のPCリペアシリーズの開発を活かし、様々なタイプのクマに対応するものを考えました。

【商品の特徴】
 目立つクマは老けた印象や疲れた印象を与えます。
<注目のクマの原因といわれる例>
(1)年齢によるたるみがクマのように見える「影グマ」
(2)皮膚が薄く、血色が透けて見える
(3)睡眠不足、疲れによる「青グマ」
(4)紫外線などの影響による「茶クマ」

 ・疲れた目の下をぷっくりとさせ、目元にハリを与えます。
 ・マイクロコラーゲンによりうるおいのある目元を目指します。
 ・紫外線などにより色味やしみ対策も忘れません。
 ・ロングヒットのオリジナルスキンケアコスメ「PCリペア」シリーズの新作

【商品の概要】
 商品名:PCリペア アンダーアイランプ
 種 類:アイクリーム
 内容量:20g
 生産国:日本
 販売元:株式会社シアン
 参考価格:3,990円(税込)/3,800円(税抜)

【株式会社シアンの概要について】
 ネットプライスドットコムのグループ企業(東証マザーズ:証券コード3328)のネットプライスで、美容担当として数々のヒット商品を生み出してきたカリスマバイヤー、加藤忍がグループ初の女性社長として立ち上げた株式会社シアン。(ネットプライスビジネスチャレンジ制度 第一期生)
 自社オリジナル化粧品を開発し、インターネットを中心とした関連会社で販売。その後、実店舗も含めた幅広い販路にて商品を拡販するビジネスモデルです。インターネットでの消費者のリアルな動向を元に、他にはないユニークな化粧品創りをモットーにしています。たくさんの物が溢れ、どの化粧品を使っていいのかわからない昨今。だからこそ、お客様が使いたくなるアイディア、使い続けたくなる実感をもたせた化粧品創りに力を入れております。

⇒ このクマ専門オリジナルアイクリーム「PCリペアアンダーアイランプ」のご購入はこちらから


PR

DATE:04.27.17:05
健康管理に家庭に1台--上腕式・手首式血圧計

上腕式血圧計血圧の数値はよく耳にしますが、そもそも2つある数字の意味は何なのでしょうか? 基本的な体のしくみを知っておくことで、数値の本当の意味や、病気に対する理解が深まります。

 

■血圧とは、血液が血管壁を押す力のことです

さて、血液と心臓のしくみですが、心臓はポンプのように血液に圧力をかけ、血管へ送り出します。血液はまず、動脈を通って全身の細胞に酸素や栄養分を運びます。次に、静脈を通って老廃物などを回収する役割を担い、再び心臓に戻ってきます。こうした心臓による血液循環で、人間の生命は維持されているのです。

「血圧」とは、この際の血液の圧力によって血管壁が押される力のことで、心臓から送り出される血液の量(心拍出量)と、血管の硬さ(血管抵抗)によって決まります。心拍出量が大きくなれば血圧は上がり、血管抵抗が小さくなれば、血圧は下がるという関係にあります。

 

■上と下、血圧を示すふたつの数字の意味は?

血圧を測定する際には、ふたつの値が記録されます。いわゆる「上」は収縮期血圧(最大血圧)、「下」は拡張期血圧(最小血圧)といいます。心臓は、収縮と拡張を繰り返すポンプのような働きをすることで、血液を送り出しています。心臓が縮んだときには、血液が送り出され、血管に高い圧力がかかります。これが収縮期血圧(最大血圧)です。反対に、血液を送り出した心臓が拡張して、肺などから血液を吸い込みます。このときに血圧は最も低くなり、これを拡張期血圧(最小血圧)といいます。また、最大血圧と最小血圧の差を「脈圧」といいます。

 

■外来血圧と家庭血圧

高血圧の方に限らず一般の人でも、病院で測ると家庭よりも高い数値が出ることがわかっています。家庭ではリラックスして測定できますが、病院ではどうしても緊張したり、通院における運動が影響したりして、血圧値が上がってしまうようです。病院で測定した血圧は「外来血圧」または「随時血圧」と呼ばれ、家庭で測る「家庭血圧」に比べると、収縮期血圧で2030mmHg、拡張期血圧で10mmHgも高くなる傾向にあります。

家庭血圧について日本高血圧学会では、135/85mmHg以上を高血圧とし、125/80mmHg未満を正常血圧の基準として採用しています。逆に家庭血圧の方が外来血圧より高い場合、「仮面高血圧」または「逆白衣高血圧」と呼ばれます。この場合、家庭血圧を測定することは特に重要です。

■血圧測定の方式・・・コロトコフ法とオシロメトリック法

血圧の測定方式には、コロトコフ法(聴診法)とオシロメトリック法があります。

カフを腕に巻いて動脈を圧迫し、血液の流れを止めます。その後空気を抜くと、血液が再度流れはじめます。この時の、血管に血液がぶつかる音(コロトコフ音)を聞いて測定するのがコロトコフ法です。WHO(世界保健機関)では、コロトコフ法を推奨しているため、病院では通常この方法が採用されています。
一方、オシロメトリック法は、途絶えた血流が流れはじめる時の動脈壁の振動を、センサーでキャッチして測定する方法です。家庭で普及しているのはほとんどこのタイプになります。

家庭用でも、上腕部で測定するタイプをおすすめします

最近では様々なタイプの血圧計が発売されていますが、血圧の測定は、上腕で行うのが一般的です。手首や指先で測定する簡易タイプのものは、末端の血圧が変動しやすいため、測定値は目安程度に考えてください。上腕部を測る、操作が簡単なタイプのものがおすすめです。
1
日のどの時間に、どのような血圧の変化があるか知っておくことは、血圧のコントロールに役立つでしょう。

⇒ 血圧計をまだご家庭にお持ちでない場合は、是非1台常備されてはいいかかでしょうか?

  こちらで上腕式・手首式の血圧計をご紹介していますのでどうぞ・・・。